2013年05月

2013年05月24日

2013年05月24日

おはようございます。
我が家は自営で預貯金もスズメの涙程度で、将来の保証も何にもなく、財産もなく、あるとすれば兄に比べて遥かにしっかりした僕の弟のスネくらいなものなのですが・・・汗。
タダほかのおうちとはっきり違うことは“まったく何の縛りもない、うちは全くの自由”という、あんまり根拠のない確信を夫婦ともども持てているということだと、僕ら勝手に思っております。
有給もありませんし、手当も昇給もありませんし、転勤願なんか出せるところがありませんし、退職金もありませんし、そして僕もあと3年で50ですし。

 

そう簡単には動けないです。

自殺行為。

 

しかしそれでも僕は逃げてやろうと思っています。

 

放射能からではありません。

放射能をまき散らしておきながら知らん顔をしているこの日本という国家に対して、お前らはノーだという意思を表すために逃げます。

背中に恐怖のある逃亡ではなく、眼前に意思がある前進です。

首都圏を離れるというのは国民である僕らの意思になると思います。

逃げるとはなにも物理的に逃げるだけが逃げるじゃない。

それは現実的ではない面もあります。

だから首都圏にいる以上はその代わりにやることがたくさんあるのかもしれない。

 

僕が去年の夏から米大使館の前に立ったのはたぶんそういう気持ちがあったからだと思います。

 

今僕は物理的に逃げることを多く考えています。

第一段階の今は逃げるではなく逃がすです。

 

去年の4月まで妻と娘は疎開を繰り返しました。

それ以降先月まで、妻は資金を集めるために夜間のパートに出て、僕は代わって娘の世話をやり、金曜日の夜は抗議に出ました。

もちろんその間、僕らは空気と食物から娘を守り続けた。

すべて完璧ではないが、出来ることはした、つもりです。

 

さて、これからどうするか。

妻は今月からパートをお休みしています。

月に数度行ければと、箱根での保養を始めました。

次の予定も決めています。

5月、6月。7月には移住相談会に行くつもりです。

そして8月はまた長崎に行ってもらおうと考えています。

以前の疎開先が支援を再開しました。

出来れば一か月くらい。

 

そうです、8月の疎開前、7月には保養キャンプ行きたいねと話をしました。

行先はほぼ決定、2年前に行った、こだまの森です。

まだ八王子をぶち抜く圏央道は出来ていませんがそれでも3~4時間で行けます。

一週間くらいいけないかなと思っておりますが。

 

秋以降、妻がパートを再開するのか、一気に移住に話が進むのか、そこはまだ未定です。

この動きは、僕は来年4月までだと考えています。

4月からは娘は幼稚園です。どこの幼稚園に行くか、今はまったくわからず、候補は東日本を除く、全世界に広がっています。

4月までに形を決めなければならない。

今の僕の一番の仕事はそれです。

 

幼稚園問題は早く解決しないとと思っています。

娘に迷惑がかかります。

また娘に怒られますので。

 

次回に続く。



2013年05月08日

2013 05 08

 

おはようございます。

連休終わりましたね。

この連休に我が家は箱根に行ってきました。

いろいろな情報で、箱根は線量が低いと言うことを改めて確認したので、行ってみることにしました。

 

本来であれば、僕のイメージでは、少なくとも、南アルプスは越えたいなと思っているのですが、短期の息抜きにはなるかなと、若干の妥協も含め、地震のリスクもあえて受け入れ行ってきました。

 

とりあえず富士山噴火しなくてよかったんですけど、(笑

 

この旅には収穫がありました。

まず、①線量が低いと言うことで僕と妻の気持ちが楽になったこと。

そして、②安い宿泊費で泊まれたこと。

③その宿が自炊したいお母さんには好都合な面があったこと。

そして最後に④そこが通える距離だ。

ということでした。

 

我が家の移住・疎開に対しての考えは、

①移住者や疎開者含めた理解者が近くにいること。

②放射能対策をしているスーパーなどがあること。

であることです。

 

妻はまさにそこに苦慮しています。

移住・疎開については高いハードルが残念ながら存在します。

そしてポンポン住まいを替え仕事を替える、その日暮らしの独り身の若い小僧ではなくなり、40代も後半の、たいして手に職もない、小さい子どもを持つ自営業者となった僕にとっても正直、知らない土地への移住は簡単ではないです。

 

言い訳と、されるならそれで結構。しかし諦めたわけではないし。

昔持っていた夢を掘り返してもいるから。

 

今回の旅行で得た収穫をもとに、来年4月、娘が幼稚園に通うことになるであろうまでの間、僕は妻と娘を箱根に週末疎開させてみようと考えることにしました。

 

~2か月疎開のつもりでいた妻はパートを辞め、娘のリトミックをお休みするつもりでしたが、リトミックについては再検討することになりそうです。

 

毎週末3日ないし4日行ければ約半分、4月まで都合約5か月疎開することになります。

 

あくまでこれはとりあえずの“作戦”です。

僕は来年4月からの娘の現住所をどこに置くかという大問題を考え決めなくてはいけません。

また毎日、前方不注意にならぬよう、

気をつけながらも考えあぐねることになります。

しかし、わずかな光明は見えてきました。

そんな気がしてます。

 

遠い将来の“野望”にむけて、やっと細い紐を撚ることができるかもしれないと密かに期待をしています。

 

確かに歯がゆいかもしれないが、一番歯がゆいのは僕らなんです。

 

次回に続く。



Twitter プロフィール
2014 東京→岡山→ 原発事故という我々の無責任について。 我が家のギリギリ疎開計画 https://t.co/h63Rn0E2fX
ギャラリー
  • 宿題は?
  • 庭。
  • 新居です。
  • 今年は最後に引越しというわりと大きなイベントが
  • 引っ越します。
  • 引っ越します。
  • 今年は生協のピザ、
  • おはようございます。
  • 出来た。
記事検索