2019年07月06日

もう三年前になりますが

7月6日

·
もう三年前になりますが、ある活動で一切の交流を絶ちたくなるほどの気持ちの落ち込みを経験しました。それ以来、それまで娘を連れ行ける交流会、出来る活動、毎週末予定が切れることなく続けていたものをどれもこれもやめ、外に向かわなければいけないという今は錯覚に感じるその僕の善意と数年闘っておりました。今はその時に戻るつもりは失せて、沈んで戻らないまま、波風感じる必要のない海底を盲目的にひたすら平らな砂地をなぞっていればいいという風な、諦めなのか薬が効いているのか判別不能ではあるけれど、居心地は周りのことを考えなければ決して悪くはないといった状態です。しかし多少息苦しいのは事実です。

娘は大分泣きましたが十時くらいには寝ました。震災から今までの話を初めてして、お母さんもお父さんも苦しんでいるが頑張ってると話をしました。そしてあなたもねと。

選挙のことなどもうしないだろうと思っていました。けれど体が勝手に動いた。おとといまで動く気にもならなかったのがきのういきなり動きました。それはこの八年半の間、生きることがそのまま闘うことになった日常の中にいつも必ずどこかに山本太郎の姿があったからだと思います。これは祭りではない、これは日常なんだと、思い出しました。

原発四基吹っ飛ばした国の大人たちに、それ以上の恥などありません。僕は僕が当事者であることを伝えるのみです。

店の名前を告げたラインが妻から来ました。
そろそろ帰って来ると思います。

原発反対は選挙の争点ではなく人生の争点。
聞くだけ野暮。

#原発流民



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter プロフィール
2014 東京→岡山→ 原発事故という我々の無責任について。 我が家のギリギリ疎開計画 https://t.co/h63Rn0E2fX
ギャラリー
  • なんでここにいるのか危うく
  • 二泊三日のキャンプでいいのは
  • 我が家のギリギリ移住計画115
  • 宿題は?
  • 庭。
  • 新居です。
  • 今年は最後に引越しというわりと大きなイベントが
  • 引っ越します。
  • 引っ越します。
記事検索