2019年04月22日

家庭訪問

家庭訪問。

専ら給食の話だったらしい。何が食べられないのかを聞かれたので細かく説明したんだけど先生はメモも取らずに聞いてたとは妻。

栄養の先生が異動で代わったことを考えると、入学時とても丁寧にこちらの話を聞いてくださり対応して頂いた前任の栄養の先生が新しい先生に引き継ぎしてくださったけれど、それはあくまで診断書のないアレルギー対応という個別対応の具体的方法の引き継ぎで、なぜ食べられないのか、どんなリスクがあるのかといったその理由についてはほとんど引き継がれていないと想像する。

 この数年で岡山への移住者が増え、栄養士同士での間では“放射能で”という一言で代替えの有無などの概要は大方通じるようにはなっているのではないかなとは推測します。

いずれにしても、こうやって引き継がれていくのはあくまで具体的な対応だけで僕らの考える本筋とはその度に離れていくのではないかと危惧します。

国が、食品リスクに対してきちんと説明し県教委や市教委に指導通達の旨仮に僕らには満足出来ない内容であったにせよ学校がなんらかの対応してくださればわさわざ、わさわざ我が家がめんどくさいケースになる必要などないわけです。

もう安全もう大丈夫。
そんなのが説明か。

#東京原発流民



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter プロフィール
2014 東京→岡山→ 原発事故という我々の無責任について。 我が家のギリギリ疎開計画 https://t.co/h63Rn0E2fX
ギャラリー
  • なんでここにいるのか危うく
  • 二泊三日のキャンプでいいのは
  • 我が家のギリギリ移住計画115
  • 宿題は?
  • 庭。
  • 新居です。
  • 今年は最後に引越しというわりと大きなイベントが
  • 引っ越します。
  • 引っ越します。
記事検索