2019年01月06日

日本の原発事故の不幸は選択出来ないこと

2019年1月6日

日本の原発事故の不幸は選択出来ないこと。復興は被災地の悲願であって土地を取り戻すことに僕たちは伝統的に懸命です。しかし原発の苛酷事故ではそこにはリスクが生じるので、被災者はその選択についてあらゆる判断をする必要があるのに、この国の行政は選択の余地を与えず国の思惑を優先した方向にだけ誘導しようとします。我々の復興に対する思いは気質においても慣習においてもきっと強いものがあるように思いますが、その思いを打ち消す必要は必ずしもなく、僕たちは新たに「選択」を付け加えることで、僕たち独特の新しい民主主義をつくるんだろうと思います。

否定せず新たに付け加えていくことで僕らは民主的になっていくのかなと、そう感じます。
おはようございます。



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter プロフィール
2014 東京→岡山→ 原発事故という我々の無責任について。 我が家のギリギリ疎開計画 https://t.co/h63Rn0E2fX
ギャラリー
  • なんでここにいるのか危うく
  • 二泊三日のキャンプでいいのは
  • 我が家のギリギリ移住計画115
  • 宿題は?
  • 庭。
  • 新居です。
  • 今年は最後に引越しというわりと大きなイベントが
  • 引っ越します。
  • 引っ越します。
記事検索