2019年01月17日

放射線副読本の話題が

2019年1月17日

放射線副読本の話題が僕のタイムラインに乗ることが増えています。勤務する学校にもこの副読本があり、暫く山積みされていたものがなくなったので子どもたちに配られているのかもしれません。先生にこの副読本について聞いてみたいことがあるのですが三学期のこの時期、なにぶん先生方はお忙しくしていてなかなかお声かけのきっかけがありません。なんとか本のことをもう少し知りたいところです。

放射線を怖がりすぎないでというのが大まかな内容のようですがならば、まず放射線に関する日本の基準は原発事故以降、原子力緊急事態宣言発令中という大義においても緩和されており、その点からそれは国際的基準と比較すると決して厳しくはないということと、国民は放射線被害から逃げる権利を持っていて、国際的にもその権利についてはそれぞれの状況でそれぞれに認められていて、それがより具体的に示されているのがチェルノブイリ法であるというこの少なくとも二点について説明した上でこの副読本を活用していただきたいと思うのです。

ただ、よく考えると、“安全です”という意味の言葉を使うことによってリスクについての説明をすることが、我々の国、我々の社会において当事者の権利を守ることとして容認されているのだと仮にすれば、なぜ安全面を強調しこのような副読本が出されるのかの理屈は通るような気もしてきて、それでは納得など出来ないというのであれば有効な手段としてやはり「逃げる」ということにつきてしまいかねないなと気付いてしまったりもします。

そう考えて自分のこれまでの、これまでのというのは311より前も含めた生き方の話ですが、それを振り返った場合、それはもうまさに逃げて逃げて逃げまくった人生だったんではないかなと今さらでもありますが気づいた気がしてしまいました。

#この国で闘うということ



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter プロフィール
2014 東京→岡山→ 原発事故という我々の無責任について。 我が家のギリギリ疎開計画 https://t.co/h63Rn0E2fX
ギャラリー
  • なんでここにいるのか危うく
  • 二泊三日のキャンプでいいのは
  • 我が家のギリギリ移住計画115
  • 宿題は?
  • 庭。
  • 新居です。
  • 今年は最後に引越しというわりと大きなイベントが
  • 引っ越します。
  • 引っ越します。
記事検索