2012年04月27日

我が家のギリギリ疎開計画45

2012年 04月 27日

妻は片づけに追われている。
送ってきた荷物の空の段ボールときのう買い物で貰ってきた段ボールはばらさず箱のまま取っておく。
僕と考えは同じだった。

ピンクのキャリーケースは娘のおもちゃ棚の横にどかんと置かれている。
妻は長崎から疎開の集団生活のおおらかな習慣も土産に持ってきた。
そのほうが気は楽になるからいいなと思う。
以前の生活を考えると僕らは相当頑張っていたなと思う。

今回、妻に見てきてもらった物件については諦めることにした。
山の中で、足の問題が一番ネックになった。
建物と環境は素晴らしかったんだけど。
そこでの移住あっせんの方とは今後もやり取りさせていただけそうだ。
それだけでも意味があった。

いい情報あればすぐに長崎から知らせが来ることになっている。
今一番の頼みの綱は長崎。
夏にまた行くかもしれないが、その前に決めてしまいたい。

僕にもう少し金銭的余裕があれば移住なんて難しくない筈なんだ。
探すのが住まいだけでなく、仕事もセットだから難しくなる。
住まい先か仕事先かも実際動いてみるとその判断は難しい。

移住なんてそもそも余裕があるからできるのです。
ない人間がどうやって移住するか、それも過酷な状況で。
是非それを僕はここでご案内したい。

それが僕のここでの目的です。
皆さんの子どもたちへのせめてもの償いだと思っています。

頑張ります。
お知恵をください。

次回に続く。



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter プロフィール
2014 東京→岡山→ 原発事故という我々の無責任について。 我が家のギリギリ疎開計画 https://t.co/h63Rn0E2fX
ギャラリー
  • なんでここにいるのか危うく
  • 二泊三日のキャンプでいいのは
  • 我が家のギリギリ移住計画115
  • 宿題は?
  • 庭。
  • 新居です。
  • 今年は最後に引越しというわりと大きなイベントが
  • 引っ越します。
  • 引っ越します。
記事検索