2018年11月11日

わたしネバーランドに行きたいと言い、

2018年11月11日

わたしネバーランドに行きたいと言い、この数日娘は僕や妻に聞いてきます。ネバーランドはどこにあるのと。

命の期限について気付いた娘の質問はこのところ毎晩のように続いていて、僕は答えを一語一句間違わないと慎重に構えていましたがもはやそれどころではありません。“ねぇお父さん”と切り出す度僕は今ドキドキして頭の中を必死に整理しますが結局いつも間に合わない。

ネバーランドに行きたいの。
わたし大人になりたくない。
お父さんは大人になりたいと思っていたの?

そう聞く娘に、お父さん大人になりたいなんて実は一度も一秒も思ったことないなんてまさか答えらるわけはありません。僕の娘への嘘が増えていきます。お父さんは大人になりたかったなずっと。

大人になりたくないなら大人にならなくたっていい。
だけど大人になると大人のことが分かるんだよ、だから心配しなくていい。
 不安や悲しみや苦しみはいつか必ず解決するから大丈夫。だから安心して好きなことを探しなさいよ、楽しみなさいね。

まるで自分で自分を諭すよう。

ネバーランドに行きたいの。
ネバーランドはどこにあるの?

いいかい。ネバーランドはそう思うあなたの心の中にあるんだよ。だから安心していい。あなたの心の中にもお父さんの心の中にもお母さんの心の中にもあるんだよ。世界中の人の心の中にあるからさ、だからすぐ行けるの、いいかい、すぐ行けるんだ。だから安心していいんだよ。

ネバーランドは人の心の中にある。

必死に闇雲にすがろうとして出た言葉に僕も救われる。娘はいつもウンウンと頷いて、その度にまた安堵したりもする。

でもまたきっと聞いてくる。生きるとはなんだと。生きるとは正にこういうことなんだと言って理解するにはまだ娘は少し若いかもしれないから、この単純明快な答えはもう少しあとに残しておこうと思う。

娘は少し大人になった。

おはようございます。



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter プロフィール
2014 東京→岡山→ 原発事故という我々の無責任について。 我が家のギリギリ疎開計画 https://t.co/h63Rn0E2fX
ギャラリー
  • なんでここにいるのか危うく
  • 二泊三日のキャンプでいいのは
  • 我が家のギリギリ移住計画115
  • 宿題は?
  • 庭。
  • 新居です。
  • 今年は最後に引越しというわりと大きなイベントが
  • 引っ越します。
  • 引っ越します。
記事検索