2015年06月22日

我が家のギリギリ移住計画104

2015年 06月 22日


この1~2か月、校庭の見回りの時には桜の木をじっくり目を凝らして見ています。夏のイラガの大量発生を防ぐためです。触れると湿疹ができ強烈なかゆみを伴うこのイラガは、この時期に頑張って駆除すればその大量発生をある程度防ぐことが出来ます。見るポイントは写真のような葉の茶色のい変色。これを見つけたら全部取りまわりの葉を見ます。そうすると、


こんな感じでまだちっちゃく一か所にまとまっているイラガが見つかります。これを葉ごと取ります。

根気よく毎日毎日毛虫の駆除をすると年を追うごとに発生する数が減っていくんだそうです。ただ1~2年サボるとまた出てくるそうで、植物とのお付き合いは時間をかけじっくりやっていくものなんだなと勉強になっています。

桜のイラガとつつじのチャドクガ。この二つが目下の憎っくき相手。今日は高枝切ばさみを持ち出しイラガの付いた葉っぱをばっさりやってきました。


次回に続く。




コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter プロフィール
2014 東京→岡山→ 原発事故という我々の無責任について。 我が家のギリギリ疎開計画 https://t.co/h63Rn0E2fX
ギャラリー
  • なんでここにいるのか危うく
  • 二泊三日のキャンプでいいのは
  • 我が家のギリギリ移住計画115
  • 宿題は?
  • 庭。
  • 新居です。
  • 今年は最後に引越しというわりと大きなイベントが
  • 引っ越します。
  • 引っ越します。
記事検索