2015年06月07日

我が家のギリギリ移住計画101

2015年 06月 07日

この週末、娘の運動会を見るためにお袋が弟と共にまた岡山にやってきました。
お袋の首元はなんだかいつの間にしわしわになりつやがなくしみだらけでこぶみたいに膨らんでもいました。コンビニのおにぎりなんかもう食べ物じゃないとあれだけ言ったのに途中で買ってきた昆布の入った簡単に取れて簡単に海苔を撒けるとっても便利なおにぎりを娘の前で平気でお膳にのせて、自分用だと言いながら娘にも分けて食わせていました。
なにをしてんだろう。
聞き訳がないと思ったが聞き分けとは所詮主観的なもので押し付けられないものだという事をまた気づかされたが、それにしてもお袋は変わらない。
徹底している。
弟が心配した認知症が実は始まっているんじゃないだろうかと気になるくらいです。それも、自ら進んでボケようとしているようにさえ僕には感じた。
痛々しい。
何かについて明らかにお袋は諦めている。
昭和16年だから今年いくつだろう。
計算もいやになってきた。
あと何回来られるだろう。
そんなに来い来いとは言えなくなる。
かといってこちらから行くのもなにかと厄介だ。
お袋はあと何年生きるだろう。
5年かな、10年かな、お袋のお袋は90過ぎまで元気だったから15年の可能性もないわけじゃない。
僕に似て神経すり切らす方だからそんなには持たんだろうか。
世田谷から神奈川の実家まで早く行けるようにわざわざ第三京浜の玉川IC脇に住んだのにそのもくろみはたった数年で水の泡。

高速料金どこまで行っても1,000円にまたなってくれないかな。旅費を生活費にちゃんと入れて今度の仕事は探そう。田舎に住んで自給自足になったら行きづらいかな来づらいかな、むずかしいな。こっちに皆で来いと言えばいいなんて簡単に言うなよ。弟の人生は弟が考える。勿論言ってはみるさ。あと何年したら娘は自分の食事を管理して一人で東京へ行けるようになるだろう。それまでお袋持つかな。

RSKバラ園に行ってもバラなど全く目に入らずそんなことばかり考える。

親子とはなんと面倒くさいもんだろう。
生きるとは何て面倒くさいもんだろう。
面倒くささがいいのだけれど、痛痒い心地よさに塩を塗ったくった奴がいる。

原発反対。

次回に続く。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter プロフィール
2014 東京→岡山→ 原発事故という我々の無責任について。 我が家のギリギリ疎開計画 https://t.co/h63Rn0E2fX
ギャラリー
  • なんでここにいるのか危うく
  • 二泊三日のキャンプでいいのは
  • 我が家のギリギリ移住計画115
  • 宿題は?
  • 庭。
  • 新居です。
  • 今年は最後に引越しというわりと大きなイベントが
  • 引っ越します。
  • 引っ越します。
記事検索