2014年03月02日

我が家のギリギリ疎開計画75

2014 03 02

 

おはようございます。近況報告です。

 

僕らの意向としてはこの週末に岡山への移動を予定していたのですが、受け入れてくださる方のご事情ができ、今日今現在のところ“待機中”の状態です。

それをいいことにと言っていいのか分かりませんが、この間僕はカウンターパンチを喰らいました。

 

【金曜日に電話がかかってきました】

お袋でした。

うち(実家の両親と弟)3人みんな反対だからね。親子は一緒にいなきゃダメだよ。

(僕の娘に)かわいそうな思いさせるよ。知らないよ。いろんな人に聞いてみたけどみんなそう言うよ

今さらなんだよ。

僕は四十八年近い時間の中で一番育った家族に落胆しました。

僕は無風の家庭で育った。実情はそうでなかったらしいけど僕には白を切り通してくれていた。

弱い僕は、そんなの全部わかってる、わかってやってる、恐いだけだから。

そう言って母親の叱咤をうずくまってかわすしかできなかった。

最近夜眠れないんだよ

もうたくさんなのにさらにもう一つ心配事が増えた。

心配事にもう不自由はしてません。

 

【結果を出すことだけがその答え】

頻繁に僕は通い、保育園を見つけ、皆明るく元気に暮らすのが答え。

どうしてお袋がそんなに強く止めるのかなんて、そんなことは想像している。

だからこそ全部わかってると、返事を返したのだし。

 

全部忘れたい。

決めたことを坦々にこなしていたい。同じことを繰り返すだけの単調な生活。

なくすとなんでも懐かしい。

僕はそのあとお袋に長めのメールを送信した。清水の舞台から飛び降りるつもりで。

 

僕が一人になってからのやるべきことは単純明快。

一生懸命稼ぐのみ。

だからそこは楽。やることがはっきりしているのは楽。

そうすることが知恵。

 

【出発がずれてむしろ良かったこともある】

お試し住宅は入居から半年間が使用可能期間。

半年後どこかへ移動することになのだけれど、例えばギリギリ半年後に移動するとした場合、運賃の高い8月の“繁忙期”を避けることができる。

 

さっき気が付いた。そのほうがよかったかもねと。

前を向きたい。前へ進みたい。上を目指したい。やることははっきりしている。

こんな楽なことはない。

 

次回に続く。



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter プロフィール
2014 東京→岡山→ 原発事故という我々の無責任について。 我が家のギリギリ疎開計画 https://t.co/h63Rn0E2fX
ギャラリー
  • なんでここにいるのか危うく
  • 二泊三日のキャンプでいいのは
  • 我が家のギリギリ移住計画115
  • 宿題は?
  • 庭。
  • 新居です。
  • 今年は最後に引越しというわりと大きなイベントが
  • 引っ越します。
  • 引っ越します。
記事検索