2014年02月22日

我が家のギリギリ疎開計画73

2014 02 22

 

おはようございます。

今週月曜日に妻は住民票を取りに行き、火曜日には原付バイクの免許の試験を受けに行き、無事合格してかえってきました。

どんなことがあっても運転免許なんて絶対取らないと、妻はずっと言っていたのにです。

そして今日土曜日に僕の実家の相模原に帰り、事情を説明することにしています。

 

•我が家、岡山への母子移住を決断しました。

 

今のところ半年の期間限定ではありますが。

 

実は、去年秋に岡山のお試し住宅という住宅支援の公募がありまして、その補欠にひっかかり、当選者辞退の為に我が家に入居の権利が回ってきておりました。

 

本来ならすぐにでも行かせたかったのですが、僕の仕事の状況が去年夏ころから芳しくなくなり、家賃の工面にも苦労するようになってしまったため、やむなく、その状況を改善することを優先することにしました。妻は引き続き週三日の夜間のヘルパー巡回のパートを続け、僕は営業活動に動きました。

 

苦しい状況は続いております。

 

しかし娘の就園時期が迫っています。

といって都内の幼稚園や保育園に通わせる気にはやはりならない。

なにしろ全く就園活動していないのだから今更でもあります。

娘を大好きな公園の滑り台で遊ばせてやりたい、幼稚園や保育園に通わせてたくさん遊んでたくさん友達作ってほしいのは、皆さんでも僕のお袋でも誰でもありません。

僕と妻です。

 

この思いがどんなものか、わかってほしいという弱音は吐かないなんて大人のようなことは言いません。

どれだけ辛いか、想像してほしい。

 

放射能は恐ろしいという客観的事実に基づいて行かせるのではありません。

放射能は恐ろしいという僕たちの主観的考えに基づいて行かせるのです。

 

僕らのエゴだという、311後のお袋の言葉に、僕は四十七年間で最大にして最後の絶望感をお袋に味わったのだけれど、今はその言葉をある面において受け入れられそうではあります。

 

しかし娘の親は僕らです。

娘の判断をヘルプしてやる役目は僕らにあります。

まだ四歳です。来週誕生日です。

 

妻は向こうで仕事と保育園を探します。住宅の使用可能期間は半年です。

僕はこちらで全力で今の仕事を盛り返す。そして次のステップを見つける。

 

そうしないと娘に毎日会えなくなるからです。

僕はさびしくて死ぬかもしれないから。

 

朝起きると娘の部屋着を炬燵で温め洗顔一式とオムツの用意をするのは僕の仕事です。

神棚のお供えを取り換えるのと一緒に、娘の朝食用にバナナとヨーグルトとバターとイチゴジャムを小分けにしておきます。起きてくるまでの時間が僕の時間。

やたら寝起きのいい娘の朝の鼻歌が聞こえてきたら僕は“臨戦態勢”に入る。

オムツ替え温まった部屋着着替えさせ髪の毛とかしひとつ結びする。

さっき用意した朝食を配膳していただきますする。

 

妻に正確なところきかないといけないけど僕は料理以外の全ての娘の世話をしています。

あっ、洗濯もしてないや。

たたむけど。

そういう生活を今しているから母子疎開では心配が二つ。

娘の世話をすべて妻がしなくていけないことと僕は寂しさで死んでしまうかもしれないことのふたつ。

それをクリアするための作戦はもちろんあるけど。

 

我が家は“臨戦態勢”に入りました。

 

辛いが面白い。苦しいが明るい。

 

民主主義とは、自己実現とそのための具体的手段の事を言うのだ思います。

僕は今余裕がないのでそのいちばん基本を必死でやっている。

必死に作戦を練っています。大逆転を狙っている。

勝負は勝たなくてはいけないというと誤解されそうだけれど、勝つというのはプロセスを大事にする生き方の中では貴重な材料になりうる。

だからプロセス重視でも、勝たないといけない時はある。

メリハリだな。

ちょっと脱線しました。脱線できる余裕に感謝。

 

去年夏に岡山に行った時現地でお世話になった方から、僕の仕事についてとても参考になる資料を送っていただきました。

今後の僕の指針になりうるようなものでとても嬉しくありがたいものでした。

半年限定の貸別荘を持ったつもりになればいいのかなと思うと気楽になります。

頻繁に行き来しようと思います。

全てが流動的。

これからの我が家の方針はこれで行こうと思っています。

 

何日にも分けて書いてます。たぶん話が飛んでると思います。

流動的に読んでいただければ助かります。

僕と妻は今あらゆることに必死です。

娘は天真爛漫でいてくれます。

 

昨夜妻は相変わらずよく理解しない僕の実家に行くために徹夜で一泊のための娘の食事含めた準備をしました。まだ寝てます。

当たり前です。

今度の話をしに行きます。そして娘の誕生日パーティーの為です。

これも戦いです。

 

応援してください。

家族が、親子が、夫婦が、

どんなに素晴らしいものか証明してみせます。

期待してください。

励みになります。

 

数日に分けて書いた文章を読みなおす時間も律義さも

申し訳ありませんが今は不足しております。お許しを。

 

革命を足元から始めたい。

 

次回に続く。



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter プロフィール
2014 東京→岡山→ 原発事故という我々の無責任について。 我が家のギリギリ疎開計画 https://t.co/h63Rn0E2fX
ギャラリー
  • なんでここにいるのか危うく
  • 二泊三日のキャンプでいいのは
  • 我が家のギリギリ移住計画115
  • 宿題は?
  • 庭。
  • 新居です。
  • 今年は最後に引越しというわりと大きなイベントが
  • 引っ越します。
  • 引っ越します。
記事検索