2012年03月25日

我が家のギリギリ疎開計画27

2012 03 25

 

渋谷のデモから帰ってきた。

“TwitNoNukers 反原発デモ@渋谷・原宿”

ツイッターでの呼びかけで集まったデモ。

もうデモは恒例だ。

プラカード持ったり、太鼓叩いたりラッパ拭いたり、デモというよりパレードっていう感じ。

a0021702_174851100

 

デモにはいろんな人が参加する。

老若男女。多種多様。

茶髪のロングブーツの女の子も自前のプラカード持って叫んでた。

原発いらない、と。

僕は自然とベビーカーの近くにいつも並んじゃう。

時の政治家は一人ベビーカーを押しながら原発いらない、子供を守れと叫ぶママの気持ちが判るのか。

僕は泣けてきた。

その向こうに僕は遠い長崎のあの公園で遊ぶ娘の姿を薄く浮かべる。

 

分かりやすく言えば、

多分僕なんかは、新興宗教にはまっちゃった“向こう側に行っちゃった人”くらいに思われているんだろう、いつも大体そう思う。

僕はそれを否定しない。

僕は、なにが起こっているのはわからない時、ましてや、子どもの健康に、生命に、人生に、少なからず影響があるかもしれないと思われるような時、“大事をとる”のは当たり前だと思って、過ごしてきた。

そして当たり前のことをやっているだけだと。

原発反対?

当たり前だよそんなの。

原発で食っている人もいる。

原発で働いて僕と同じように

子どもを育てている人もいる。

そんなの知ってる。

だから簡単じゃないんだよね。

それでも止めなきゃなんない。

当たり前だから。

そのためには原発で働く人々の仕事も考えなきゃなんない。

その地域の経済を考えなきゃなんない。

止めるのは簡単じゃない。

だからデモをする。

 

安全だという、大袈裟だという彼らが左にいる。

危険サイドに立った僕らが右にいる。

この二つが一体どの辺で折り合うのか、それが判るのはもう少し先になるんだと思う。

現実がどこに落ち着くのか、それは分からない。

僕はどこに落ち着いても後悔しないようにしてるだけ。

騒いだわりには…、それなら僕は腰を抜かして喜ぶと思う。

それから言うかな、金返せと。

金返せと、言いたいよ。

その方がいいに決まってる。

 

僕はきのう荒れた。

悪い方に気持ちが行ってしまって当たり散らした。

妻にも。

たまにはそうやって吐き出さないとと

自分をなだめる。

 

やることやって頭の整理がついた。

次のことを考えられるようになった。

仕事・住まい・その他いろいろ調べている。

やっとそういう風になってきた。

情報はメールで妻に伝えている。

娘の写真付きのメールで返事が返ってくる。

そういう生活。

とにかく僕は5月からの生活を決めなきゃなんない。

サバイバル。

望むところだよ。

具体的な情報、有益だと思った情報あれば、ここで紹介もしますが、今日はここでやめときます。

焼酎で酔っ払ってその余裕がありません。

スイマセン。

 

次回に続く。



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter プロフィール
2014 東京→岡山→ 原発事故という我々の無責任について。 我が家のギリギリ疎開計画 https://t.co/h63Rn0E2fX
ギャラリー
  • なんでここにいるのか危うく
  • 二泊三日のキャンプでいいのは
  • 我が家のギリギリ移住計画115
  • 宿題は?
  • 庭。
  • 新居です。
  • 今年は最後に引越しというわりと大きなイベントが
  • 引っ越します。
  • 引っ越します。
記事検索