2012年02月23日

我が家のギリギリ疎開計画7

2012 02 23

 

木曜日。

決起の朝。

きのうの夜は、徹夜で前夜祭だと意気込んだけれど、

結局娘はいつもの通りの時間に寝てしまい、妻は最後の準備に追われ、僕はこういう夜に限って多い予約の管理と問い合わせに時間を割いた。

 

僕の資格証に大型二種を含む免許証と救急搬送乗務員証のコピーが加わり、ダイソーで買った履歴書用紙の間にそれをはさむ。

僕の資格は、国内旅行業務取扱管理者と国内旅程管理。

ヘルパー2級とガイドヘルパー資格。

一般乗用旅客自動車運送事業の認可証も付けちゃおう。

僕はこの資格のほとんどを40過ぎて取ったんだけど、その前は資格をめちゃくちゃバカにしていた。

肩書きだけじゃなんにもなんねえよとね。

でも今はなくてはならない戦いの武器。

戦いの前に武器をそろえ、戦意高揚だ。

 

見る前に跳べという言葉がある。

僕は若いころからずっとこれを目指してやってきた。

はたからみればめちゃくちゃだったかもしれないが、僕の中では一本ちゃんと筋が通っていた。

結婚と子供はその着地点、この前までそう思っていた。

 

しかしどうもそうではないらしいな。

 

僕はまた立ちあがることにした。

ここじゃなかった、ゴールは。

 

妻はきのうの夜、吐き出した。

僕が受けてやる番だった。

泣くのはやめだ。

戦場から妻と娘を撤退させ戦いに挑む時、泣いていたら始まらない。

 

そう思うと、寂しさも薄らぐ。

これは僕にとって朗報だった。

朗報はほかにもあって、土壇場で僕はいつも誰かに助けられる。

感謝。それしかない。

武器が増えていく。心の武器が。

僕は気持ちを込めて武器をぐっと抱きしめる。

 

僕らは戦いを決意しました。

それは誰のためでもない、

娘と、娘の未来の子どものために。

 

午前中羽田に送りに行きます。

決起の朝は、雨になりました。

 

次回に続く



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter プロフィール
2014 東京→岡山→ 原発事故という我々の無責任について。 我が家のギリギリ疎開計画 https://t.co/h63Rn0E2fX
ギャラリー
  • なんでここにいるのか危うく
  • 二泊三日のキャンプでいいのは
  • 我が家のギリギリ移住計画115
  • 宿題は?
  • 庭。
  • 新居です。
  • 今年は最後に引越しというわりと大きなイベントが
  • 引っ越します。
  • 引っ越します。
記事検索