2012年01月24日

雪ですので、雪かきしないといけないんですが・・

 
こういう日に限って、朝早かったりする。

仕事って大変だ。

トイレの窓から外を恐る恐る覗いたら

白く積もった雪の間に割りとはっきりした轍があったので、

あとはうまく駐車場を出、坂道を無事に上れるかの問題になってきた。


きのう、娘と妻の3度目の疎開がほぼ決まった。

2月末から、

今度は2ヶ月間、4月末までの予定だ。

当然僕は、耐えられるはずがない。

せめて、2回くらいは僕から向こうに出向きたいと思っている。

そうやってごまかさないと、

たぶん体が持たない。

おっさん、なにを言ってんのと、言われるだろうね。

そういう奴がいたら、

僕はたぶん、鼻で笑う。


余裕なんてない。

“ギリギリの線”を

そろそろ越えようとしている。

でも仕方ない。

この国で生きるということが

サバイバルゲームと化したんだから。


あれからもうすぐ一年。

空気は気になる、風が吹けば怖いし、

蛇口をひねって出たこの水は、

果たして飲めるのか。

飲ませていいのか。

食べ物の産地が気にならない日はなく、

目に見えない埃を見えると思って

掃き捨てる。


あらゆる国の機関がてめぇらのことはどうでもいいんだといい、

国会議員と役人たちは、

毎日コツコツ自分名義の預貯金をためていく。

テレビは相変わらずゲロを吐き続け、

秋元康のシャツのボタンは

今にも内臓脂肪に押されて

はち切れ寸前だ。

東北はまた揺れ、

パンドラの箱がまた傾く。

そこに子供がいる。

子供がいるんだよ。

そこに。


僕は必死に子供たちのことを考えなくちゃならない。

そりゃそうだ。

僕は大人だから。

そして僕の娘と妻のことも

必死に考える。


ここでまた僕は葛藤する。


僕はまた一歩、仕事にけりをつける考えが進んだ。

もう気は済んだ。

3ヵ月後、

疎開した妻と娘を僕が羽田に迎えに行くのか、

妻と娘が向こうで僕を迎え入れてくれるのか、

当の僕にも今はわからない。


傷めつけられている子供たちを

黙って見ているわけには当然行かない。


また僕は親不孝をしようとしている。


生きるということの意味。

さぁ、雪かきやるか。

推敲してる場合じゃない。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter プロフィール
2014 東京→岡山→ 原発事故という我々の無責任について。 我が家のギリギリ疎開計画 https://t.co/h63Rn0E2fX
ギャラリー
  • なんでここにいるのか危うく
  • 二泊三日のキャンプでいいのは
  • 我が家のギリギリ移住計画115
  • 宿題は?
  • 庭。
  • 新居です。
  • 今年は最後に引越しというわりと大きなイベントが
  • 引っ越します。
  • 引っ越します。
記事検索