2012年01月10日

新年のご挨拶です。

           
 
もう10日ですが、屋根つきの今年の努力目標を発表したいと思います。

1.逃がす  

去年は2度、鹿児島と長崎に屋根つき妻と娘を計20日間ほど行かせました。

今年もそうしようと考えています。負担はかかりますが、

二人の健康にはかえられません。

そして、ゆくゆくは東京を離れさせたいと思っています。


2.戦う     

僕はこの野蛮な国と戦うことにしました。なにが野蛮か。

生産・販売が規制され、諸外国からも輸入制限を受けるような食材を、

(例えばインドは全面的に日本食材の輸入を禁止しました。)

この国の大人たちはこともあろうに給食に積極的に使っている。


つまりこの国は子供に有害な食物の残飯整理をさせている。


僕は放射線は害があると思っています。子供にはなおさら影響があるとも。

しかしそれはこっちに置いておいたとしても、これが蛮行でなくなんですか。

この一点だけでもう十分、この国と戦う意味があると、僕は感じた。


それだけじゃないです。

今も、福島を中心とする高線量地域で子供たちが暮らしています。

大丈夫か大丈夫じゃないかわからなかったら一応離れておこう

そう考えるのが普通でしょう。相手は子供です。

国はそれをせず、それどころか積極的に留まらせようとさえしている。

それに加担しているのがテレビ・新聞なんだけど。

復興に向けてみんな頑張っている、そんなの年いった大人がやればいい、

子供は逃がせ、知恵を絞って逃がせ。違いますか。


この国やこの国の経済は、子供を犠牲にしています。戦争の時と同じです。


3.新しい仕事を考える。  

自営をはじめて6年目。

順調ではないけれど、何とか今だに食ってます。

車も入れ替えた、一生懸命営業も回った、仲間を増やした、基盤もできつつある。

けれど、僕はこれをいつ捨ててもいいと思っている。

簡単に捨てるような無茶はしないけど。

自営を始めるとき、僕は何ができるか考えた。

そして今度は、“東京を捨てて、お前何ができる?”という課題をもらった。

今僕はまたあの時のように考えている。

もう僕は、こんな茶番に付き合う気はさらさらない。

僕は生き抜く知恵を模索しています。


放射能から逃げるんでなく、茶番から逃げる。

無責任という札をくっつけて、この国に放射性物質がばらまかれた。

じっとしているわけにはいきません。

それでは、頑張ります。

皆さんもどうぞ頑張って生きてください。

子供を守ってください。

子供は皆さんを信じています。

僕は裏切れない。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter プロフィール
2014 東京→岡山→ 原発事故という我々の無責任について。 我が家のギリギリ疎開計画 https://t.co/h63Rn0E2fX
ギャラリー
  • なんでここにいるのか危うく
  • 二泊三日のキャンプでいいのは
  • 我が家のギリギリ移住計画115
  • 宿題は?
  • 庭。
  • 新居です。
  • 今年は最後に引越しというわりと大きなイベントが
  • 引っ越します。
  • 引っ越します。
記事検索