2013年11月04日

我が家のギリギリ疎開計画 71

2013 11 04

 

おはようございます。

考えの整理するために、多くブログを書きます。

今日もそうです。

 

十一月一日に世田谷区の幼稚園の来年度入園説明会があったようですが我が家は参加しませんでした。入れる気がないからです。

一方、移住を念頭に入れている岡山の幼稚園の入園条件にはやはり住所が確定していることがありました。

偶然視野に入れた岡山市に妻の疎開仲間の方がいらっしゃって情報を入れることが出来るのですが、“放射能移住”を受け入れた経験のある幼稚園でも、やはりまず住居を決めなければ難しいことがわかりました。

 

考え甘かった。

 

その気になれば何でもできるという思い切りは今の僕には持てません。

四十七才娘三歳半の自営業。

大した技術も持たない僕に今の商売を捨てるのはリスクをどうしても感じてしまう。

思い切りがないと、それでも言われる範疇に、それでも入ってしまうのかな。

一人なら、バックパッカーとなって、どこでも行こうと思え行るんだけど。

 

娘に申し訳ない。

 

ろくに公園でも遊んだことないし自転車も乗ったことない。

車輪のついた類は電車バスと、僕の車くらい。

娘は買い物に行ってもはしゃぎ、走り回り、歌い、こんにちはと言いなさいと言えば誰にでも誰にでもくったくなく挨拶をし、けっして内向的でなく、多少勢いに負ける内弁慶的なところもあるけれど、明るく元気に、よく笑うわがままな子に育ちました。

 

僕と妻が機嫌が悪いと

“ねぇ、笑って”と言う。

いい名前を付けたかもしれない。

怒られても怒った妻にねぇ笑ってと言うのは困っているけど。

 

“一九くらいで区内の幼稚園の事考え始めてくれない?”

と妻に頼みました。

 

他の方法を僕は模索します。

今度二年先まで今の商売を続けるという設定をし介護タクシーブログ始めました。

何か一つくらいは確定しておきたい。そういう危機管理かもしれません。

 

模索します。まだ考える。手はきっとある。そう思って進みます。

途中経過。

 

次回に続く。



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter プロフィール
2014 東京→岡山→ 原発事故という我々の無責任について。 我が家のギリギリ疎開計画 https://t.co/h63Rn0E2fX
ギャラリー
  • なんでここにいるのか危うく
  • 二泊三日のキャンプでいいのは
  • 我が家のギリギリ移住計画115
  • 宿題は?
  • 庭。
  • 新居です。
  • 今年は最後に引越しというわりと大きなイベントが
  • 引っ越します。
  • 引っ越します。
記事検索