2018年12月26日

2018年12月26日

東京から岡山に来たときのエネルギーは言うに及ばずお試しから今の南方に来たときの惰性さえも出すことが出来なくてペースが上がらず休み休みでろくに荷造りが進みません。自分でも、なんでこんなになっちゃったのかわからない感じです。さっきから、妻は片付けと夕飯準備を頑張っています。
#原発避難 #岡山



2018年12月25日

2018年12月25日

今年は生協のピザ、僕がこがした唐揚げ、僕がつくって余ったカレー、そしてきのう妻と娘がつくったケーキ。妻の偉大さが分かる。
#引越し前のクリスマス

49292708_2025480587518286_3691946564722360320_n



2018年12月24日

2018年12月24日

おはようございます。
クリスマスイブっていうより今週いよいよ引越しだっていう感じの朝です。娘はもういくつかクリスマスのプレゼントを貰いましたが最後のサンタからのプレゼントが残っています。娘には申し訳ないのですが、今年はサンタと打合せをさせてもらってなんとかこちらの都合を密かに優先しました。

三年十ヶ月よくまあ住んだなと、傾いた家の柱を見ながら思います。築年数は分かりません。雨漏り酷く、結局一度も使わなかった二階の四畳半の畳の下に敷いてあったのは、確か昭和三十七八年の新聞でした。

 お試し住宅から次の住みかに移るため、兎に角家賃が安めで尚且つ希望の学区でとネットで調べあげ、一日で七件近く回ったうちの一番あてにしていなかった物件でした。優先しない条件に、合わないことも多々ありましたがこの学区でこの間取りでこの家賃は、きっとそう出会えることはないだろうとほぼ即決で決めました。

面白い家ではありましたが、潔癖性ぎみの僕は結局一度も浴槽にお尻をつけてお風呂に入ることはできませんでした。それでも構わないと思っていました。いつか出る家です。娘のためだけに今ここにいるのです。

次はとなり町です。僅かな距離の引越しです。
お風呂は今度はあまり神経質にならずに入れそうです。娘にここはあなたの部屋だよと言える部屋があります。いつまで娘はこの部屋を使うのか、それが今度の生き延びのテーマになりそうです。あの部屋を出ていく娘は、なんと言って出ていくのか気になります。

六時前にトイレに起きた娘が二階に上がり、今また降りてきました。
あらためておはよう、と僕に立ち止まり言います。
どこでそんな言い方を覚えるんでしょうか。
 子どもは意外にあっという間に育っていってしまいそうです。休日の朝はホットケーキと決めています。これから焼きます。

48421470_2023458924387119_4168637206719627264_n




2018年12月24日

出来た。

48423320_2024171437649201_1988256338320293888_n



2018年12月23日

2018年12月23日

311で壊れたのは原発でなく日本そのものなので、砂上の楼閣の権力者は強権的に必死に己を守ろうとしているというのは分かりやすい気はしますが、それではその砂地とは何の比喩であるのかという命題は残ります。



2018年12月23日

長屋の二軒となりのおばあちゃんが訪ねてきて娘にクリスマスのプレゼントを頂いた。なんか怒られんのかなと思った僕は拍子抜けし、急いで娘を呼んで挨拶させたらなんか恐縮しながらですますちゃんと使ってお礼をするので驚いた。年内に引っ越すことになったことを伝えお礼を言った後で、しっかりお礼できたね、あなたのことをちゃんと見ていてくれていたんだよと娘には教えてあげた。今夜はカレー。キャベツのせるかい美味しいよと言ったらいらないと言う。なんだ旨いのにしらねぇな。


48407925_2022737717792573_6577089428471152640_n



2018年12月21日

2018年12月21日

うちの娘は英語と水泳を習っています。ピアノもやってほしいのですが縁がなく、また、ピアノが家にあるのですが娘それほど関心を示しません。これもある意味縁ですが。英語については僕の戦略が効を奏しました。親はベッタベタの日本人ですから、大変でしたが言葉をしゃべる前から英語になるべく触れさせようとしていました。水泳は少なかった外遊びの、その時の運動不足の取り返しと学校のプールの時間のメンタル負担の軽減のつもりです。英語にしても水泳にしても、娘の好きなものベスト5にちゃんと入っているのでとりあえず安心していますが、いやならいつ辞めてもいいんだよとどちらのプレッシャーにもならぬよう注意しながら娘の意思をなんとなく日頃確認しています。

“関心を持って”とよく人は人に言います。しかしハイそうですかと言って関心を持つ人はそうはいません。仕向けると言っては語弊あるかもしれませんが環境がまずないと持てる関心も持てない気はします。環境をつくりあとはあなたの自由ですと言うのはずるいと言えばずるいような気はしますが選択するにも、まずどんな材料があるのかの提示が意図的にも不可抗力的にもなければ選択しょうがないということは少なくともあるかなとは思います。娘には、いつも何をやってもいいんだよ、どこに行ってもいいんだよと言っています。家の壁には世界地図を貼ってあります。日本地図もあればよいのですが、岡山に来て以来忘れています。以前は南北逆さにして日本地図貼っていました。

選択肢。

娘は学校の勉強というものがあることを知っています。当たり前ですが。なのであとはそれを娘が選択するかしないかだけの話だとは思うのですが、様々な候補の中で学校の勉強の量があまりに多く、他の選択肢の時間を侵食するので、なんでも自由とは言いながら宿題だけは他のことの時間確保のため片っ端から僕がやってしまうことにしています。たまに娘がやってる宿題まで取り上げてやってしまうのでそこは注意がしないといけないかもしれませんが、おおかた娘の意向には沿えてるかなと思っています。最近はここは私がやるからお父さんはこれやってと娘は配分もしたりしてわざわざ僕の分をつくったりしますが、せっかちな僕は結局全部やってしまったりして、おまけに娘も娘で出来たあ?と聞いてくる始末なのですが、いずれまた勉強に関して違う選択をしてくれればそれでいいと鷹をくくっています。

僕らの民主主義には選択肢がないなと思います。

選択枠の提示がなく元々あったかのようなもので渋々我慢したり、或いは選択を求めず絶対的なものに真実を見ようとしたりして、いろんな場面で我々には選択の機会が少なくて、或いは選択そのものが得意でないのかなと思ったりさえしてきます。選択することをかち取る機会はあったように思いますが、意図的にか伝統的にか分かりませんが結果的には見過ごしたような気はします。

選択肢がないのに選択できるというのは才能です。だから他人にまで無理強いは出来ない。“関心を持って”というのは毒づいて言えば人権無視も甚だしい。それよりも、言葉悪いが仕向ける苦労もいるのではないかなと思えてならないです。つまり民主的とはなにかを学ぶ機会をつくることに熱心になる理由はもう十分すぎるほど今の社会にはあるんじゃないかなと思うし、その材料ももしかしたらアイデアも手段に至るまで既に揃っているんじゃないかなとさえ思うわけです。

道徳なんかやめて民主主義シミュレーションの時間にしたらどうかと思います。選挙制度の歪みにしてもこれかもと勘繰ります。二大政党制についての授業をせず先に仕組みを変えようとした人達の罪は僕は結構重いのではないかなと思います。

“関心を持って”というのは僕にしても政治に関心もつ人にしても都合が良いことだと思うので、そこは気を付けたいなと思います。

選択と理想をどう考えるかということかもしれません。




2018年12月21日

忘年会が終わりました。
 今年も楽しかったけど、今年も明らかに住む世界が違いました。僕が岡山にいるのは特別な理由があるのです。絶望から這いつくばって逃げてきたのです。そんなこと、わざわざ楽しい酒の席で披露するほど野暮ではなくなりました。時はすべてを解決しませんが人肌程に馴染みやすくはします。日常が脅迫します。忘れてしまえと。ではなぜ僕は知らない岡山にいるのだ。誰かが教えてくれるとでも言うのですか。

雨が降っている。
とてつもなく当たり前の雨だ。
僕の当たり前など、
どこかへ置いてきたというのに。

#原発避難 #岡山



2018年12月20日

2018年12月20日

今回の引越しに合わせて介護タクシーの時の書類を整理した。頑張っていた頃が懐かしい。日報拾い読みしたら2007年だった。東京にいた時のことを覚えてないという娘はまだ生まれてもいなかった。岡山に来ることを決めて、大事な商売道具は突然すべて要らないものになった。しかし大事なお客さんの資料は捨てられない。要らなくはなったが僕はいっさいがっさいそれを持ってきた。僕の今までの他のほとんど全部は東京に置いてきてしまったから、僕の引越し荷物といえばもうほとんど要らないものだらけになった。そして今回はその紐もほどくことにした。日報も領収証も処分した。お客さんの個人情報も五年を過ぎれば機密書類として処理できるのだけど、けれどこれは取っておくことにした。四十を過ぎて初めて頑張ることにしたあの頃の僕を支えてくれたお客さんたちのことを、大事に持っていようかと思い直した。
#原発避難 #岡山


48371366_2018010111598667_1658651885076217856_n



2018年12月20日

このままでは原発事故がほとんど何事にも変わらず昔の出来事になってしまうしあの時の絶望はほとんど誰にも知られず今の不安も誰にも伝わらず日常の常識に敗北していくだけになりそうなのだけど、過去と現在のあらゆる出来事の「当事者」はいつも見聞きされることはあるこそすれ理解は常にされることがなく、当事者はいつでもどこでも闘いを強いられてきたことに今更気付くのだけど、せめて人間の忘れたり想像できないという能力の限界を補うためにありそうな人の権利を認めるということについて社会が慣習にねじ伏せられながらも誠実であろうとするなら、人々も僕もどれだけ救われたろうと思ったりする。

しかし今はまだ、独りよがりで独善的で、つまらなさすぎるかもしれない僕のエントリーなのだけど、敢えて僕はそこから闘うことにはしてみている。



Twitter プロフィール
2014 東京→岡山→ 原発事故という我々の無責任について。 我が家のギリギリ疎開計画 https://t.co/h63Rn0E2fX
ギャラリー
  • なんでここにいるのか危うく
  • 二泊三日のキャンプでいいのは
  • 我が家のギリギリ移住計画115
  • 宿題は?
  • 庭。
  • 新居です。
  • 今年は最後に引越しというわりと大きなイベントが
  • 引っ越します。
  • 引っ越します。
記事検索