2019年01月03日

年末の27日に引っ越しました。場所は以前の家から一キロあるかないかくらいの隣町の戸建です。2014年に岡山に来てお試し住宅に一年、そのあと北区南方の築五十年はくだらない六軒長屋の真ん中に居を移してそこで三年十か月暮らした後の今回の引っ越しです。

南方の住まいは期間が一年のお試し住宅の期限が切れるのを前に、2015年の正月早々に数か所の物件を回って内覧した中から選びました。非常に古く、建具と柱は明らかにどちらかが斜めになっていて、きちんと閉まらず日当たりにしてもさほど良くなく、また風呂やトイレの状態も決して良かったわけではなかったのですが、なんとか娘を行かせたいと思っていた小学校の学区内で、そこと同じ家賃でほかの物件を探すのは相当難しいことではないかと考え、またお試しの期限も迫ってきてたこともありましたので、ここしかないこれも縁だとほぼ即決して決めました。住んでから雨漏りすることがわかって結局その部屋は最後まで使わずじまいにもなったりと、いろいろ古いが故の苦労もいくつかはありました。

僕や妻はこの家をおそらくは一時の住まいと考えていたと思うのですが娘は違いました。確かに4歳からの4年弱という期間を過ごした家ですので僕らとは思い入れが違うのかもしれません。名残惜しいこともなんとなく言っていました。

なんとか同じ学区で新しい物件はないだろうかと半年ほど前から情報を入れておりました。というのも実は今回の引っ越しのそもそもの理由が「立ち退き」で、半年前に不動産屋から伝えられたのが始まりでした。納得できる条件提示のようなものがなく、こちらも移住支援してくださっている弁護士さんに相談したりしてしばらく静観していたのですが、半年後になにもないままに再び立ち退きについて切り出されましたので、今度はこちらから条件提示するなどして具体的に引っ越しについて考えだしました。不動産屋から再び立ち退きの件を聞かされたのが11月、引っ越しを決めたのは12月に入ってからです。そして具体的に考える前から目星をつけていた物件を内覧などしてそちらの不動産屋とも折り合いをつけていきながら今回の引っ越しになったというのが経緯です。

引っ越しが年も押し迫った27日でしたので、年末年始の正月休みはひたすら荷物の整理に明け暮れました。今回の引っ越しが岡山に来てから2回目で3軒目の家ですが、今までの住まいと違ってこの家には当分住むことになるだろうなとか、当分住んでいたいなというふうに思っています。最初のお試しは1年の期限付きでしたし、前の家はぼろぼろでどれだけ住めるか正直わからない、引っ越しの初期費用もほとんどかかっていないから出ようと思えばいつでも出られると思いながらおりましたがそれとは少し違っています。

前の家は家賃が安く希望する学区でしたが、お試しを出てからのとりあえずの家、住めるならどこでもいいというふうに思って住んでいました。それはたぶん、自分は逃げてきた、という思いが強いために住まいに頓着せず、それに岡山に根を下ろして新しい生活を作ろうなどというような気持ちにも簡単にはなれないということはあったんだろうと思うのですが、そういう先の見えない思いのようなものは、311以降ずっと途切れることなくずっと持っていたもので、状況の変化はあれど根底には消えずずっとそこにあるものだとは思います。


いったいどこへ行くのだろうという思いは、自分たちのことでもそうであり、また原発の行く末、この国の行く末についても同じ思いであったのかもしれません。知らない土地であろうと地域になじまなければならないというのは、こういう思いのある僕には正直厳しい言葉でもあります。しかしそういう思いははたして持たなければいけない思いなのだろうかという素朴な疑問も出てきます。
つまり、原発の過酷な事故に対しての我々の権利がより明確であれば、もしかしたらどんな家でも構わないだとか、この先どこへ行くことになるんだろうだとか、地域となじめず辛いなどという思いを、僕はしなくても良かったのかもしれないと思ってしまうのです。
僕は東京の世田谷から逃げましたので、チェルノブイリ法にあてはめても「逃げる権利」は得られないかもしれません。しかし、あなたには逃げる権利はありませんが逃げた際の補償についてはそれを受ける権利がありますと仮に言われたら、どれだけ救われたろうかと思ったりします。

そこはチェルノブイリ法と日本の“子ども被災者支援法”の大きく違うところだなと思います。

新居は築年数は40年と経ってはいますがリフォームされきれいです。庭がなく自転車の置場に困りはするのですが広さや間取りを僕は気に入っています。将来の娘の部屋もあります。片づけは大変ですが今までと違い岡山での暮らしの展望がこの家で見え出した気がしています。良い家にしたいなと、長く住みたいなと、今思っています。そのためにはやらないといけないことがたくさんあるはずです。それをこれから整理してひとつひとつつみあげるように実践できればと思っています。


次回に続く。




2019年01月01日

1月1日

新居です。ありがとうございます。


49175162_2034864126579932_4306854807697620992_n



2019年1月1日

ダメだと思って泣く泣く捨てた街を満喫する人がいて、なぜ捨てたんだと聞いてくる。人殺しの毒を撒かれた街にいられるわけないと答えると信用してくれない。それならせめて社会がそれは個人の選択だと言えば僕もあきらめもつくのだけど、社会からも相手にされず権利についても言われないどころか個人的資質まで問われたりする。まずは、まず僕は人としての基本的な資格を手に入れないといけない。

気が遠くなる。

テレビによく知る風景が当たり前に映っている。

 抜け出せるかなと思ったけれど、ことしもどうやら無理そうだ。

#LOVEAFFAIR



2018年12月31日

2018年12月31日

コーナンとハピータウンであれやこれやと買い物し、さあやっと洗濯出来ると思ったら今度は洗濯機のホースのジョイントを忘れているのに気がついてまた元家に取りに行き、今度こそと思ったら水漏れでまた使えず用務員ばりに機転きかすも結局ダメで晩飯の焼酎やめてまたコーナンに走り150円のパッキン買ってきてダメで21時終わりのコーナンに20時半にまた走りジョイントと蛇口の先買ってきてこれでダメなら業者だよと諦めながら取り付けてみたらとうとううまくいった。この間妻はコインランドリー、娘は留守番。溢れた水の始末にくたびれてとりあえずバスタオル洗濯機の裏に投げるみたいな。服が片付かない、台所もう少し、娘の荷物散乱、なかなかビデオカメラ出てこないとかで明けて今日は大晦日。蕎麦食うの忘れないようにしないと。#年越しそば兼引越しそば

2018年12月31日

今年は最後に引越しというわりと大きなイベントが待ち構えておりました。まだ箱積みのままの荷物が部屋を占領しておりますがなんとかおかげさまで先が見えてきた感じはしています。

311から私たち家族はずっと明るい未来だけを目指し、僕と妻は娘に素敵な一生をプレゼントすることだけを目的に日々を過ごしております。

2012年から数えるとこれで八回目の正月です。この八回はなにかの積み重ねなのか或いはただ回数をこなしているだけなのか正直よくわからないのですが、311からの経過とともに年を重ねることによるかもしれない心境変化が偶然に重なりあい新しい境地に僕をつれていきます。

 ある方とは新たな出逢いを、またある方とは変わらずのお付き合いを、しかしある方々には大変な不義理をいたしております。思う通りに自分が動かず歯痒い思いも何度かありました。しかしこう言ってはなんですが、それをなんとかしたいとあたふたしても仕方がない気がしているので、ゆっくり時間の風にしばらくはなびいてみようと思います。

住めればそれでいいとお世話になったお試し住宅から岡山生活を始め、屋根さえあればそれでいいと探した岡山二軒目の築年数のよく分からない明らかに傾いている長屋は、住んでみたら屋根さえないほどの雨漏りで、とうとう三年十ヶ月一部屋使えずじまいにはなりましたが、実は僕らにはそれは大した問題ではなく、それは岡山に来てからの我が家がずっと逃げ続けている避難者であったことのなによりの証拠ではあるのですが、今回、決して望んだわけではないのですがよい物件に移ることになったせいか住まいに対する感じ方、そして岡山生活についての捉え方が変化したとは言いませんが選択肢が増えたような気にもなっているかなと、今自己分析中です。

僕は避難者です。移住者ではありません。
しかしこれからは当事者という言葉も使うのかもしれません。変化は風化ではないことを、ここでいちいちお断りする必要などない筈ですが、得意の自己分析とお許し頂ければ助かります。

一年ぶりのお蕎麦です。
もともと蕎麦派の僕はもっと蕎麦を食べたいのですが、大して旨いとも思っていなかったうどんは岡山にきてあれは本来のうどんではなくこちらのうどんこそほんとのうどんなんだと、蕎麦のない暮らしも既にまんざらでもなくなりました。そして今宵は年越し蕎麦兼引越し蕎麦です。

何事もない時間さえ積み重ねなんだと考えます。闘わなければならないのはやまやまです。僅かずつでも確実に生きてみたいと思います。
 一年に区切りをつけることに僕は以前ほど関心はなくなりましたが、一方で区切りに関心を持ちはじめた娘の手前もあります。娘の人生の機微がやはりいとおしくて仕方ないです。

よい年に繋がる年をお迎えください。

#原発避難 #岡山


49206258_2033844903348521_2185577418050240512_n



2018年12月30日

2018年12月30日

娘の机は一階のリビングの隅に彼女専用スペースをつくりそこに置くことにしました。勉強はそこででも隣の居間でもできるようにしておいて、そのうち娘が個室でやりたくなったら上の部屋を使えばいいし、そうしたらそのうち段々荷物が上に上がっていくかもしれない。 娘がなんでも上でやるようになったら机も上げちゃえばいいしそれまでその部屋は荷物置きでも客間でもいいんだからとそういうことになりました。今日はそれやります。まだ今年ですね、大丈夫大丈夫。
#おはようございます




2018年12月30日

この正月は帰らないのだけど、今回は正月行ってもいいと言ったら正月は箱根駅伝見るからと言ってやんわりと娘を拒否してきたので行かないことにした。
で、なんか救われた。



2018年12月28日

2018年12月28日

おはようございます。
生まれて初めて脱衣場のある家に住むことになりました。娘のために堕落してしまいました(笑)。いいのか悪いのか自信がありませんがあらゆる選択を残すためなんでもしないといけません。間取りが気に入っています。自転車置く場所が悩みどこではありますが愛嬌の範囲です。遊びに来てください。
#四年八ヶ月ぶりのウォシュレット
#原発避難 #岡山



2018年12月27日

2018年12月27日

引っ越します。隣町ですが娘のため、同じ学区内での引っ越しです。僕はこれで十何回目かの引っ越しですが、初めて虚しい気持ちがしています。感謝すれどさほど愛着はないのにそれが妙です。きっと娘は名残惜しくて寂しいのだと思いますが、この頃本心を言いません。今度はどんな楽しいことがあるかな、楽しみにしようよと言うとウンと答えました。もうすぐしたら新しい鍵をもらいに行きます。
#原発避難 #岡山


48984805_2027610433971968_796143484770713600_n
49330432_2027610487305296_6121488815359000576_n



2018年12月26日

2018年12月26日

東京から岡山に来たときのエネルギーは言うに及ばずお試しから今の南方に来たときの惰性さえも出すことが出来なくてペースが上がらず休み休みでろくに荷造りが進みません。自分でも、なんでこんなになっちゃったのかわからない感じです。さっきから、妻は片付けと夕飯準備を頑張っています。
#原発避難 #岡山



Twitter プロフィール
2014 東京→岡山→ 原発事故という我々の無責任について。 我が家のギリギリ疎開計画 https://t.co/h63Rn0E2fX
ギャラリー
  • なんでここにいるのか危うく
  • 二泊三日のキャンプでいいのは
  • 我が家のギリギリ移住計画115
  • 宿題は?
  • 庭。
  • 新居です。
  • 今年は最後に引越しというわりと大きなイベントが
  • 引っ越します。
  • 引っ越します。
記事検索